保険適用について

当社は、保険適用に強い!


火災保険を使って外壁塗装をする方法とは

外壁塗装の費用を保険で全額まかなう方法をご存知でしょうか?

実は「火災保険」を適用すれば、費用を全く負担することなく保険によって外壁塗装を行うことができるのです。 火災保険と外壁には何の関係もないような気がするかもしれませんが、条件さえ満たせば保険金で外壁の塗り替えを行うことが可能なのです。ケースによっては無料で外壁塗装を行うことも不可能ではないので、ぜひ検討してみましょう。該当するのに申請をしないと、ただ損をしてしまいます。

「"風災"」によって外壁が劣化した場合は火災保険が使える

火災保険はどうしても火災による損害のみが対象の保険と考えがちですが、意外と広い範囲の損害をカバーしている保険です。

ここでは、その一つである「風災」について説明します。
風災の定義は以下のように多種多様です。

"台風、竜巻などの強風(風速20メートル以上)"
雹(ヒョウ)
大雪

これらの災害で家屋の外壁、屋根、ベランダなどが破損した場合は、火災保険が適用できます。また、火災保険では外壁塗装だけでなく、外壁補修もカバーできます。

火災保険が適用できない場合

どんな風災でも火災保険が適用されるわけではなく、以下のケースは火災保険が適用されません。

・損害額が20万円以下
・風速20メートル以下の損害
・被害を受けてから3年を過ぎたもの
・災害ではなく通常の経年劣化によって外壁が色あせた場合
・保険加入前の災害による損害

自宅の外壁が火災保険で補修できるかどうかは、なかなか自分では判断が難しいです。プロの間でも判断が分かれる場合があります。

火災保険を適用するための手続き

step
1
1.加入している保険会社に連絡する

火災保険に加入している保険会社に、外壁塗装の費用を保険適用したいと伝えます。
細かくいつ頃あった被害なのか聞かれるので答えましょう。

step
2
2.外壁塗装の業者を探して見積もり作ってもらう

自宅の外壁が何らかの理由で損害を受けた場合、まずは外壁塗装を請け負っている業者を探しましょう。
そして、出来る事なら被害の詳細を分かりやすく写真で業者に撮ってもらい、見積もりを作ってもらいましょう。

step
3
3.保険会社が保険を使えるかどうか判断

保険会社が実際に家屋の状況を目視したり、提出した写真から保険適用範囲内の損害かどうかを判断します。
保険会社もできれば保険金は出したくないですから、非常に厳格な審査・査定が行われます。

step
4
4.保険適用が決まれば外壁塗装開始

必ずしも保険は適用されるとは限りませんし、保険金が全額降りるとも限りません。
その場合は自費での外壁塗装となります。

 

 

お問合せ

更新日:

Copyright© 株式会社ホームリード , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.